プレイヤーと駆け引きを行う対人力の重要性

プログラミングの高い技術を持っていれば、多様なソフトウェア開発の仕事が選べます。しかし、各ソフトウェア開発の仕事では、それぞれに求められている個別の能力や素質があります。ゲーム開発においても、そのプログラマーにどのような人材が求められているかについて、分析することは重要です。ゲーム開発には、プログラミングの要素が欠かせません。インターネットのオンラインタイプが増えた今、java言語を習得しているプログラマーの人材に需要があります。しかし、高い技術をもっているプログラマは、与えられた業務のみを行うことに抵抗を感じる人がいます。それには「もっとこうすれば効率が良いのに」「その方法よりもこちらを行ったほうが結果がでるのに」という気持ちがあるからです。

このようなプログラマは次第に、企業に属する形ではなく独立へのキャリアチェンジを考える人が多いようです。しかしながら、単にプログラムのスキルが高いからといって、フリーランスとして成功するわけではないのです。
フリーランスとして成功するために非常に重要なのは、コミュニケーションスキルです。そのスキルは案件を発注してくれるクライアントとの対応にももちろん必要ですが、実は画面ごしのユーザーに対しても効果が発揮できるというので驚きです。

ゲーム開発のプログラミングは、プレイヤーとの駆け引きや知恵比べの側面があります。プレイヤーがどのように反応するかについて予測した上で、ソフトウェアの挙動を組み立てる必要があります。そのようなことから、この分野でjavaのプログラミング技術を活かすためには、単にjava言語を利用してプログラミングができるというだけでなく、人の心理を読むことができる素質も持っていることが重要です。プレイヤーが起こすアクションを事前に予測した上で、上手に誘導できるプログラムを組み上げることができる人材が、このエンターテイメント分野の仕事をこなせます。プレイヤーとの駆け引きは、この仕事の面白さの一つでもあります。そのため、プレイヤーの気持ちをしっかり読み取れる対人力があると、期待通りにプレイヤーの裏をかくようなプログラミングができ大きな達成感を感じることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です